【雑学】コンラート4世

コンラート4世
コンラート4世
皇帝フリードリヒ2世の後継者としてローマ王・シチリア王・エルサレム王を兼ねた。彼の死後、シュタウフェン家のドイツ支配は事実上崩壊した。
コンラート4世(Konrad IV, 1228年4月25日 – 1254年5月21日)は、ホーエンシュタウフェン朝第7代のローマ王にして最後のローマ王(ドイツ王・イタリア王、在位:1237年 – 1254年)であり、エルサレム王としてコンラート2世(在位:1228年 – 1254年)、シチリア王としてはコッラード1世(在位:1250年 – 1254年)。彼の早世をもってシュタウフェン家によるドイツ支配は終焉を迎えた。

概要

神聖ローマ皇帝である父フリードリヒ2世は当初コンラートの異母兄ハインリヒをローマ王にし後継者と定めていたが、諸侯と対立し、都市を保護する王権強化政策をとった。当時イタリアにいたフリードリヒ2世は諸侯のイタリア政策への支持を必要としており、諸侯に協調的な政策を推進し、積極的に特権を付与していたので、親子間の政策を巡る矛盾は時を経ず表面化した。1231年ラヴェンナで皇帝が主催した王国会議にハインリヒは参加しなかった。しかし翌年には諸侯に促されて皇帝に対する忠誠と諸侯に不利益になる行為を行わないことを誓約した。1234年9月に皇帝がドイツに向かうと、ハインリヒは皇帝の反対派を集めてアルプスの峠を封鎖し、皇帝の北上阻止を図ったが、大した軍勢も連れていないにも関わらず、皇帝が現れるとハインリヒの防衛戦は瓦解した。1235年7月2日ハインリヒはヴィムペンに滞在中の皇帝の下に現れて身を投げ出して許しを請い、7月4日にはヴォルムスの帝国議会で廃位された。1237年フリードリヒ2世は次男のコンラートをローマ王として選出させ、シチリア王国・エルサレム王国の相続者に指定した。1250年フリードリヒ2世が崩御すると、1252年コンラート4世はイタリアに入り、異母弟のマンフレートをシチリア王国の国王代理に任命し、イタリア支配を目指した。しかし急病を得て1254年5月21日没した。あとにはたった2歳のコンラーディンが残されたが、これ以後ドイツにおけるシュタウフェン家の影響力は急速に衰退した。

生涯

前半生

神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世とエルサレム女王イザベル2世ヨランダの間の2人目の子供として生まれた。最初に生まれたマルガリータは夭折したので、二人の子で成人したのはコンラートだけである。生誕地は南イタリアのシチリア王国に属するアンドリアで、コンラートを出産した直後イザベル2世は死んだ。コンラートはこの母からエルサレム王国の相続権を受け継いでいた。また父方の血筋は曾祖父フリードリヒ1世バルバロッサ、祖父ハインリヒ6世、そして父フリードリヒ2世と神聖ローマ皇帝を輩出していた。1235年にドイツを初めて訪れるまでは、コンラートはイタリアで過ごした。この間、エルサレム王国では代理者を通じてフリードリヒ2世による摂政が行われていたが、ロンバルディア人の戦争と呼ばれる内乱によって荒廃し、それはコンラートが成年を宣言し、フリードリヒ2世の摂政政治が有効性を失うまで続いた。

権力掌握

フリードリヒ2世が反乱した長男ハインリヒを追放した1235年に、コンラートはその跡を継いでシュヴァーベン公爵に任じられている。しかしフリードリヒ2世は1237年までコンラートをローマ王に選出させることが出来なかった。コンラートはウィーンでローマ王となったが、これは教皇グレゴリウス9世の承認はされていないながら、彼が将来の神聖ローマ皇帝になることが想定されていることを示していた。コンラートには後見人かつ帝国代理統治者としてマインツ大司教ジークフリート3世・フォン・エプシュタインが任じられた。1242年にフリードリヒ2世によってテューリンゲン方伯ハインリヒ・ラスペとボヘミア王ヴァーツラフ1世に摂政を任されるまで、マインツ大司教が帝国の代理統治を務めた。1240年頃からコンラートはドイツの政治に直接介入するようになった。 しかし1245年に教皇インノケンティウス4世がリヨン公会議でフリードリヒ2世の破門と追放を宣言すると、1246年5月22日ケルン大司教はマインツ大司教・トリーア大司教と組んで、世俗諸侯の参加しないままテューリンゲン方伯ハインリヒ・ラスペを対立国王に推戴した1。ハインリヒ・ラスペは1246年8月ニッダの戦いでコンラート4世の軍を破ったが、1247年2月16日ヴァルトブルク城で亡くなった。次いでブラバント公アンリ2世の甥で弱冠19歳のホラント伯ウィレム2世が対立国王に選出された2。 1246年コンラートはバイエルン公オットー2世・フォン・ヴィッテルスバッハの娘エリザベートと結婚し、二人の間には1252年コンラーディンが生まれた。 1250年にはコンラート4世はウィレム2世とライン川沿いの大司教の同盟軍に勝利し、教皇側も財政的に行き詰まり、フランス国王から皇帝との和平を要請されていたので、皇帝側にとって状況はだいぶ好転した3

イタリア政策

1250年フリードリヒ2世が崩御するとコンラート4世はシチリア王位とエルサレム王位を継承したが、ローマ教皇との対立は続いていた。1251年にウィレムの軍に敗れると、コンラート4世はイタリア支配を固めることを決めた。父フリードリヒ2世が遺し、庶子マンフレートが代理統治している豊かなシチリア王国を取り戻そうと考えたのである。1252年1月ヴェネチアの艦隊とともにアプリアに侵攻し、マンフレートからシチリア王国の統制権を確保することに成功した。1253年10月、コンラート4世の軍はナポリを攻略した。 だがコンラート4世は結局のところローマ教皇の支持者を鎮圧することが出来ず、ローマ教皇インノケンティウス4世はシチリア王位をイングランド王ヘンリー3世の息子エドモンド・クラウチバック(猫背)に与えた。1254年コンラート4世は破門され、バジリカータのラヴェッロで同年マラリアで死んだ4。その後はマンフレートとコンラートの息子コンラーディンが教皇権との闘争を引き継いだが、結局シュタウフェン家のシチリア支配は終焉に向かっていくこととなる。 コンラート4世の寡婦エリザベートはチロル伯マインハルト2世と再婚し、1286年マインハルト2世はケルンテン公となった。 コンラート4世の死によってドイツの大空位時代が始まり、その間皇帝となるほどの比類ない実力を備えた統治者は現れなかった。1273年にハプスブルク家のルドルフ1世がローマ王になることで大空位時代は終わった5。  
ドイツ史〈1〉先史~1648年 (世界歴史大系)

ドイツ史〈1〉先史~1648年 (世界歴史大系)

  • 成瀬 治 (著), 山田 欣吾 (著), 木村 靖二 (著)
  • 山川出版社 (1997/8/1)
図説 神聖ローマ帝国 (ふくろうの本/世界の歴史)

図説 神聖ローマ帝国 (ふくろうの本/世界の歴史)

  • 菊池 良生 (著)
  • 河出書房新社 (2009/6/17)
第1巻は、古ゲルマン時代から三十年戦争までを扱う。 神に選ばれた帝国の興亡。皇帝が、王が、教皇が、入り乱れて錯綜する戦乱と陰謀。古代ローマ帝国への憧憬を抱き、ヨーロッパ覇権を求め続けた帝国の850年にわたる壮大な歴史絵巻。
  1. Eugene L. Cox, The Eagles of Savoy, ( Princeton University Press, 1974), p. 180.[]
  2. 瀬原義生『ドイツ中世後期の歴史像』文理閣, 2011年, p. 4.[]
  3. 山田欣吾 ほか編『世界歴史大系 ドイツ史 1 先史~1648年』山川出版社, 1997年, p. 283.[]
  4. Conrad IV, Daniel R. Sodders, Medieval Italy: An Encyclopedia, Vol. I, ed. Christopher Kleinhenz, (Routledge, 2004), p. 510.[]
  5. Judith Bennet and Clive Hollister, Medieval Europe, a Short History. p. 260.[]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!