【雑学】コンラーディン

コンラーディン
鷹狩りを楽しむコンラーディン。右の王冠を被った人物がコンラーディンで後ろに続いているのはバーデン辺境伯フリードリヒ1世とされる。
コンラーディン(Conradin, 1252年3月25日 – 1268年10月29日)は、ホーエンシュタウフェン朝のシチリア王(在位:1254年 – 1268年。ただし実質上1258年まで)、エルサレム王(在位:1254年 – 1268年)。イタリア語表記でコラッディーノ(Corradino)とも呼ばれる。

概要

1254年、父が没してシチリア王を継いだがローマ王位は継承できず、神聖ローマ帝国は大空位時代を迎えた。幼少であったため、母方の叔父のバイエルン公兼ライン宮中伯ルートヴィヒ2世に保護された。1266年、父方の叔父マンフレートが敗死するとイタリアに侵攻し、シャルル・ダンジューと戦ったが、1268年8月23日、タリアコッツォの戦いで敗れる。一旦、皇帝派が多勢いるピサに逃亡しようと試みるが、トッレ・アストゥーラにて捕縛され、幽閉された。その後ナポリに移され、10月29日、バーデン辺境伯フリードリヒ1世ら7人と共に死刑執行人ドメニコ・プンツォの手によってメルカート広場で斬首された。これにより、ホーエンシュタウフェン朝は完全に滅びた。1351年、斬首刑が行われた場所にサンタ・クローチェ・アル・メルカート教会が建てられた。

生涯

前半生

コンラーディンはローマ王コンラート4世とヴィッテルスバッハ家のエリザベートとの間に生まれた。生誕地はバイエルンのヴォルフシュテイン(今日のランツフート)である。コンラーディンはときにコンラート5世として言及されることもある。コンラーディンはローマ王の位を継ぐことは出来なかったが、シュタウフェン家支持者にとってドイツ王・シチリア王・エルサレム王として1254年以来認められていた。 1254年に父コンラート4世が亡くなると、コンラーディンは叔父であり後見人であった上バイエルン公ルートヴィヒ2世の宮廷で育てられた1。彼の後見人によってシュヴァーベン2は確保されていたが、エルサレム王国は摂政を務めていたキプロス王家の類縁者によって占拠され、シチリア王国は彼の叔父マンフレートが摂政を続けていたが、王位を簒奪しようと計画していた。コンラーディンの人柄については彼がアブサロムのように美しく、ラテン語を流暢に話した以外ほとんどわからない1。父コンラート4世は遺言でコンラーディンが教会によって保護されることを要請したが、教皇インノケンティウス4世は祖父フリードリヒ2世以来シュタウフェン家に憎悪を燃やしていたので、シュタウフェン家以外の人物にシチリア王位を授けようとしていた。アレクサンデル4世は前任教皇の方針を受け継ぎ、カスティリャ王アルフォンソ10世を神聖ローマ皇帝として擁立しようと画策し、コンラーディンがローマ王として選出されないよう妨害した1

政治的および軍事的業績

カステル・デローヴォ(卵城)
ナポリに5つある城塞の一つで、最古のもの。伝説によれば要塞を支えるためヴェルギリウスが魔法の卵を土台に置き、卵が壊れたら城塞は破壊され、ナポリに災厄が訪れるとしたという。コンラーディンは晩年ここに幽閉された。
コンラーディンは1262年シュヴァーベン公領を占拠し、シチリア王とエルサレム王の称号を帯びながら、しばらくの間そこに逼塞せざるを得なかった。コンラーディンがイタリアに向かう最初の口実はフィレンツェのゲルフ党からもたらされた。彼らはコンラーディンにマンフレートに対して武器を取るよう求めた。マンフレートはコンラーディンが死んだとデマを流して1258年シチリアの王冠を戴いていた。しかしルートヴィヒ2世はこの招請を拒否した。1266年マンフレートは教皇クレメンス4世によってシチリア王とされたシャルル・ダンジューとのベネヴェントの戦いに破れて殺され、シャルル・ダンジューは南イタリアを占領した。この状況に、ギベリン党の都市からの使節がバイエルンを訪れ、コンラーディンがイタリアを解放するよう要請した。当時ローマの元老院議員の肩書きを持っていたカスティリャのエンリケ3の代理としてグイド・デ・モンテフェルトロ伯爵が訪れ、この永遠の都市(ローマ)の支持を表明した。コンラーディンは領地を質入れして軍資金を整えると、アルプスを越えてイタリアに向かい、ヴェローナでシチリア王位の請求を宣言した1。 彼の叔父ルートヴィヒ2世やその他の支持者が離反してドイツに帰ってしまうという事態や軍資金の不足、教皇クレメンス4世の圧力といったマイナス要因があったにも関わらず、コンラーディンの目的は成功しそうだった1。コンラーディンがシチリア王として宣言すると、カスティリャのエンリケをはじめイタリアの南北いずれにおいても支持者が武器を取って立ち上がった。ローマは熱狂してコンラーディンの使節を迎え、パヴィア・ピサ・シエナで若いシチリア王は歓迎された。1267年9月カスティリャのファドリケ率いるスペイン艦隊とピサの騎兵部隊、チュニスから来たスペインの騎兵部隊の連合軍はシチリア島のシアッカに上陸し、シチリア島の大部分でアンジュー家の支配に対する反乱が起こった。パレルモとメッシーナだけはシャルル・ダンジューに忠実であったが、反乱の火の手はカラブリアやアプリアにも広がった。同年11月教皇はコンラーディンを破門したが、コンラーディンの艦隊はシャルル・ダンジューに対して勝利を収め、1268年7月にはコンラーディン自身が教皇のお膝元であるローマに熱烈な歓喜に包まれて入城した。
処刑されるコンラーディン
ジョヴァンニ・ヴィッラーニによる『新年代記 Nuova Cronica』の挿絵。タリアコッツォの戦いで敗れたコンラーディンが処刑される場面。
コンラーディンは軍勢を強化するため、祖父以来のサラセン人部隊を手勢に加えるためにルチェーラに向かって進軍した1。1268年8月23日、イタリア人・スペイン人・ローマ人・アラブ人・ドイツ人などからなるコンラーディンの多人種混成の軍隊は、イタリア中部の丘陵地帯にあるタリアコッツォでシャルル・ダンジューの軍と遭遇した。当初はカスティリャのエンリケ率いるスペイン人騎兵部隊が突撃してシャルル軍を打ち破ったが、彼らはシャルル・ダンジューの陣営を略奪し始めて統制が緩み、その散在した烏合の衆と化した敵軍にシャルル・ダンジューが予備軍を投入して突き崩したことで勝敗は決した。コンラーディンは戦場から脱出し、ローマに到着したが、そこを脱出すべきとの進言を容れて、シチリア島を目指してトッレ・アストゥーラ Torre Astura に向かった。しかしトッレ・アストゥーラでコンラーディンは捕縛され、シャルル・ダンジューに引き渡されて、バーデン辺境伯フリードリヒ1世らとともにナポリのカステル・デローヴォ Castel dell’Ovo 4に幽閉された。コンラーディンは国賊として裁判にかけられ、1268年10月29日、フリードリヒ1世とともに打ち首にされた。

その後

コンラーディンが16歳で死んだことで、シュタウフェン家の血筋は絶滅した。コンラーディンの遺骸はバーデン辺境伯フリードリヒ1世の遺骸とともに、ナポリのサンタ・マリア・デル・カルミネ教会にある。この教会はコンラーディンの母バイエルンのエリザベートによって彼の魂を安んずるために建てられた。この教会には1847年バイエルン皇太子マクシミリアンの命令により、バーテル・トルバルセンによってコンラーディンの大理石像が造られた。14世紀にハイデルベルクで成立した中世ドイツ歌謡の集成である『マネッセ写本』には、コンラーディンによって書かれたという2つの歌が収められており、彼の悲劇は芝居の演目にもなった。 エルサレム王国の継承権は彼の高祖母イザベラ1世の血縁に渡り、相続争いが勃発した。長子相続に基づけば、年長の継承者であったのはコンラーディンの父コンラート4世の又従兄弟であったブリエンヌのヒューであったが、もう一人の又従兄弟であったキプロス王ヒュー3世がエルサレム王国の摂政府を掌握しており、エルサレム王ヒュー1世として即位した。コンラーディンの祖母の従姉妹アンティオキアのマリアも血統による相続権を主張したが、のちにコンラーディンを処刑したシャルル・ダンジューに権利を売り払った。シチリア王国とシュヴァーベン公国の広く認められた継承者はコンラーディンの叔母マルガレータだったが、彼女は1255年テューリンゲン方伯アルブレヒト2世と結婚し、その間の息子フリードリヒ(のちのマイセン辺境伯フリードリヒ1世)は母の権利に基づいてシチリアとシュヴァーベンの継承権を主張した。しかし、この主張はほとんど注意を引かなかった。すでにコンラーディンによって質入れされていたシュヴァーベンは、領邦としては体をなしていなかった。南イタリアではシャルル・ダンジューの勢力が根づいていたので、フリードリヒの主張は認められなかった。マイセン辺境伯フリードリヒ1世は1269年にイタリア侵攻を試み、ロンバルディアのギベリン党から若干の支持を得たものの、結局計画は実行されず、イタリア情勢にそれ以上大きな役割を果たすことはなかった。 最終的にシチリアはシャルル・ダンジューの手に渡ったが、1282年のシチリアの晩鐘事件はシチリア王国に対する二重請求問題に発展した。事件の結果、マンフレートの継承権を主張するアラゴンのペドロ3世がシチリア島を、シャルル・ダンジューが南イタリア(一般的にナポリ王国と呼ばれた)を保持することとなった。  
ドイツ史〈1〉先史~1648年 (世界歴史大系)

ドイツ史〈1〉先史~1648年 (世界歴史大系)

  • 成瀬 治 (著), 山田 欣吾 (著), 木村 靖二 (著)
  • 山川出版社 (1997/8/1)
図説 神聖ローマ帝国 (ふくろうの本/世界の歴史)

図説 神聖ローマ帝国 (ふくろうの本/世界の歴史)

  • 菊池 良生 (著)
  • 河出書房新社 (2009/6/17)
第1巻は、古ゲルマン時代から三十年戦争までを扱う。 神に選ばれた帝国の興亡。皇帝が、王が、教皇が、入り乱れて錯綜する戦乱と陰謀。古代ローマ帝国への憧憬を抱き、ヨーロッパ覇権を求め続けた帝国の850年にわたる壮大な歴史絵巻。
  1. One or more of the preceding sentences incorporates text from a publication now in the public domainChisholm, Hugh, ed. (1911). “Conradin“. Encyclopædia Britannica6 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 968–969.[][][][][][]
  2. シュヴァーベンはシュタウフェン朝の故郷であった。[]
  3. カスティーリャ王フェルナンド3世の四男でカスティーリャ王アルフォンソ10世の弟。シャルル・ダンジューの従兄弟に当たり、シャルル・ダンジューのイタリア遠征に従軍したが、報酬を巡って対立した。彼の母ベアトリスはシュタウフェン家のシュヴァーベン公フィリップの娘でシュタウフェン家ともつながりがあった。[]
  4. ナポリにある最も古い城塞で、「卵城」と呼ばれる。古代にはメガリスと呼ばれた小島でローマ帰属の邸宅があったという。5世紀頃修道士が住み着いて教会として使っていたが、ルッジェーロ2世によって城塞が築かれた。卵城という名前の由来は、古代の詩人ヴェルギリウスが、城の地下に卵を埋めて、「卵が割れた時、ナポリに災いがもたらされる」と魔法をかけた、という伝説に基づいているという。[]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!